『デザイナー渋井直人の休日』のオマケで作った、作品内に出てくるガールズバンド、「ヤムウンセンズ」の2曲入りカセットテープ。限定300本のメガレアオマケ。ダウンロードコードつき。

 

7月29日のHMV BOOKS & TOKYOのイベントで会場限定で配られた、イラストレーターのたなかみさきさんとのコラボカセットレーベル。

 

 

 甲斐みのりさんとの期間限定チーム「ホテル マシマロ」のオリジナル包装紙。甲斐さんの新刊『お菓子の包み紙』に合わせたグッズ。イベントでの限定販売で、もう1パターンあり。

 

 

 甲斐みのりさんとの期間限定チーム「ホテル マシマロ」のオリジナル包装紙。イベントでの限定販売。

 

 

 甲斐みのりさんとの期間限定チーム「ホテル マシマロ」のルームキーホルダー。イベントで販売。お買い上げの方には裏面にお好きなルームナンバーを書く。

 

 

 甲斐みのりさんとの期間限定チーム「ホテル マシマロ」のシール。

 

 

 

お笑いコンビ、しずるのライブTシャツ。素でイキってるTシャツというイメージで。

ヴィレッジヴァンガードのオンラインで購入できます。

 

こちら

 

 

同じ絵柄のトートバッグもアリ。

 

こちら

 

SAKANAMONのライブ限定シングル。

 

SAKANAMONのライブ限定シングルのオマケのバッジ。

 

『夏の魔物』というフェス用のイラストポスター。マンガになっている。画像は夏の魔物公式さんのツイッターより。

 

『夏の魔物』のイラストパーカも。内容は一緒でコマが横置きになっている。画像は鏡るびいさんのツイッターから。

 

『夏の魔物』というフェス用のTシャツ。滝清人夫人の皆さんが着てくれた、とのこと。夏の魔物公式さんのツイッターから。

 

若木信吾さんの浜松での写真展用に作られたフライヤーステッカー。浜松の書店「BOOKS AND PRINTS」で、若木さんの関連書籍を購入するともらえる(少数限定)。

 

 

プロモーション用に作った『ゴリラはいつもオーバーオール』Tシャツ。大島依提亜さんデザイン。

 

 

テレビ東京系のコントドラマ『SICKS 〜みんながみんな、何かの病気〜』のDVD&ブルーレイ

 

 

「リラックス」復刊号に合わせたグッズ展開で作られた、ル・パルフェの柿ピー専用のビン。パルコと蔦屋書店で販売。

 

奥田民生になりたいタオルと出会う男すべて狂わせるタオル。販促用。

フィルメランジェの4周年記念で作ってくれた、商品を包む風呂敷。3パターン。

同じくフィルメランジェの。スタッフさんのTシャツにもしてもらいました。

同じくフィルメランジェの。ブランドがこだわっているコットン(わた)と、ワンタンがたくさん描かれてるっていうバージョンのTシャツ。ワンタンは僕がハマっているだけで、ムリヤリ入れ込んだ。

写真家・若木信吾さんのお店『BOOK AND PRINTS』で売ってるコーヒー豆のラベル?の絵を描きました。(ホントは使ってほしい別の絵があったんだけど、そっちは使われなかった)8月までの限定らしいです

放送作家の大井洋一さんが格闘技をやっていて、そのTシャツの絵を描きました。(画像は竹村真奈さんのインスタグラムから)

お寿司のマグカップ。

こちらで購入できます。

 完売。

 

ヒドいシリーズな「世界」マグカップ。完売。

『RELAX BOY』友達のお店特典、有村架純さんを佐内正史さんが撮り下ろした別カバー。妄想テキストつき。

『RELAX BOY』友達のお店用販促ポスター。同じく有村架純さん×佐内正史さん。

友達のお店の加盟店に送られる、渋谷直角フィギュア。ゴム製。

イラストレーター姉妹STOMACHACHEの個展(原宿Rocket、名古屋ON READINGで開催)に合わせて、コラボ再びで作った『ボサノヴァカバー』の主人公・カーミィをモチーフにしたスウェット。ネイビーも存在する。完売?

『カフェでよくかかっているJ-POPのボサノヴァカバーを歌う女の一生』の作品内に出てくる架空のレコードレーベル、『リトル・テンダーネス・レコード』のオフィシャルトートバッグ。同柄のTシャツも作られた。

 完売。

『カフェでよくかかっているJ-POPのボサノヴァカバーを歌う女の一生』販促用に作られたカーミィのノベルティ・ステッカー。友達のお店やご注文いただいた書店に配られたもの。

友達の店だけで手に入るフリーペーパー『直角主義マガジン』第1号。コラム「麗郷にいた女」「人間関係を円滑にするには」「つぶやき」などを収録。

友達の店で手に入るフリーペーパー「直角主義マガジン」第2号。久保ミツロウ先生インタビュー収録。

渋谷のSPBSで、長崎訓子さんと行なった似顔絵ワークショップみたいなので作ったzine。宮崎駿とセルジュ・ゲンズブールの似顔絵だけが延々載っている。この日来てくれた人だけに配られたもの。

『ボサノヴァカバー』発売の時、友達の店の池袋・プラトー(現在は閉店)のイベント特典として作られた、後藤友香先生×堀道広先生×坂本渉太先生との「セクシーガールピンナップ」。各々の考えるセクシーガールが描かれており、点線に沿って切り取るとコップのフチに引っ掛けることもできる! という画期的なノベルティ。もう1バージョンあり。永井ミキジさんデザイン。

『カフェでよくかかっているJ-POPのボサノヴァカバーを歌う女の一生』発売時の友達のお店特典。久保ミツロウさん×能町みね子さん×渋谷直角の「今夜はブギーバック」ボサノヴァカバーのCD。アレンジ・プログラミングを吉田哲人くんがやってくれた。在庫はゼロ。

友達の店、中目黒のアウグストさんとコラボして作った「えびキャップ」。

同じく、アウグストさんが作ってくれた、「えび+いか」シール。非売品。

iPhoneケース。良いオッサンの笑顔がたくさん描かれたもの。

完売。

同じくiPhoneケース。いろんな顔が描いてあるもの。

完売。

『直角主義』に出てくる「スーパーのアルバイト」シリーズに登場する、アルバイトの女性のトートバッグ。

 完売。

 

 

イラストレーターのオルタナ姉妹らしいSTOMACHACHE(ストマックエイク)とコラボレーションしたトートバッグ。

僕の部屋に彼女たちが遊びに来た設定。同柄のTシャツも作られた。

 完売。

同じくSTOMACHACHEとのやつ。今度は僕が彼女たちの部屋に遊びに行った設定。同柄のTシャツも作られた。

完売。

『チョッちゃんジャーナル』(SPBS)

 

SPBSという渋谷の本屋さんのzine『made in SHIBUYA』シリーズの中の1冊として作ったもの。完売。

『空の写真とバンプオブチキンの歌詩ばかりアップするブロガーの恋』(zine)

 

「古本ゲリラ」というイベントで2日間のみ手売りしたもの。鉛筆ラフ描き。完売。

『カフェでよくかかっているJ-POPのボサノヴァカバーを歌う女の一生』(zine)

 

『古本ゲリラ』イベントと、友達の店でのみ販売した、鉛筆ラフ描き。完売。

ちなみに、「ファーストエディション」「セカンドエディション」「友達の店エディション」の3バージョンが存在し、ほんのちょっとだけ内容が違う。完売。

甲斐みのりさんとコラボレーションしたzine。完売。

『直角主義』のシリーズ、「ヒモンヤのガー子」のワッペン。キャップも販売した。完売。

『直角主義』発売時のイベントでお買い上げの方に配られたMILK FED.とのミニトート。

『直角主義』発売時に作られたWHYTROPHY社製のロゼット。